フォト
無料ブログはココログ

« 幼児化戻り? | トップページ | 全てはやってみないと分からない »

2017年1月29日 (日)

体調管理の基本

今朝の血圧

上、127

下、87

脈拍、78

体温、36.3℃

昨夜は23時頃眠りました。

今朝は6時半に起床。

7時間半の睡眠です。

途中で一度トイレに起きました。

一般的に言われるベストな睡眠の時間の長さです。

昨夜は夕方から、いや、昼頃からすごく眠くて、

夕食後はほぼ半分眠っているような感覚でした。

薬も服用してませんでした。

最近、眠さがわりと戻ってきてるなぁ、と感じます。

これも良いことなのでしょう。

養老孟司さんが、

「唯脳論」という本で訴えていたこと。

「脳はただの臓器である」ということ。

脳も胃や腸や肺や心臓の様に、身体の中の一つの臓器です。

特別なものではない。

お腹が痛くなる様に、脳も頭痛がするのは当たり前の症の一つ。

脳だけが特別なものではない。

脳が意識を持ってるから、それが霊長類の特殊なもの?

そう考えるから、迷う。

風邪を引いたら肺が炎症を起こす。

その時には肺に負担がない様に、寝て、体調を元に戻す。

だいたいそういう時の風邪薬は、睡眠剤と栄養剤でしかなく、風邪の薬はそういうもの。

大事なことは、「安静」にして体力の回復を待つ。

心は脳の活動の一つ。

心が疲弊してるなら、脳を休ませるのが大事。

安静にする。

感情を、又は、五感から受ける衝撃を極力少なくして、平静を保ち、脳の中の波風を立てない様にする。

心に余裕ができたら、少しづつ波の中に出ていく。

風邪を治す時に、徐々に日常に戻っていくのと同じ。

脳が疲弊すると同じ身体の臓器なので、他の臓器にも伝わり反応する。

胃が痛くなったり、便秘や下痢もその症状の現れの時が多い。

とにかく、安静にすること、を、心がけるのが、良いのです。

日常から風邪をひかない様に、って、注意する様に、

脳が風邪をひかない様に常に心に余裕を与えておくことが

体調管理の基本なのでしょうね。

具体的にはそれぞれの環境によりますが、、。

« 幼児化戻り? | トップページ | 全てはやってみないと分からない »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2315298/69409925

この記事へのトラックバック一覧です: 体調管理の基本:

« 幼児化戻り? | トップページ | 全てはやってみないと分からない »